春休みも始まった3月。

三井住友海上火災保険株式会社仙台支店様より、仙台うみの杜水族館の入場券を寄贈いただき、子どもたちと一緒に遠足に行ってきました。


電車に乗る経験もさせたかったので、仙台駅から中野栄駅までJRで移動。
そこから徒歩で30分ほどかけて水族館に到着しました。

<みんなで話ながら水族館を目指します>


初めて訪れた子も、
何度も来たことのある子も、たくさんの種類の魚を見て、
思い思いに楽しんでいました。

<マンボウの大きさに驚いたり、水槽ギリギリに眺めて楽しみました。>

 途中、ダイバーが水槽の底を掃除をしている場面では、
同じポーズをとって楽しんだりしていました。

<ダイバーさんが水槽の掃除をしているところにも遭遇しました。>


イルカのショーでは手拍子してはしゃいだり。

<天気もよくイルカショーを楽しみました。>

 普段の学習会では見ることのできない子どもたちの生き生きした姿を見ることができました。

<クラゲの水槽は神秘的な雰囲気です。>

 様々な場所を訪れ、色々なものを見て、たくさん体験し、「楽しい!」「面白い!」と感じることこそが子どもたちの意欲の源になります。

 体験は子どもを大きく成長させます。
これからも「コロナに負けない」「学びを止めない」活動を続けて参ります。

 三井住友海上火災保険株式会社仙台支店様ありがとうございました。

<たくさん写真も撮りました。>