6月23日(水)、キッズドアの2020年度事業報告会を開催いたしました。

オンラインでの事業報告会ということもあり、対面ではなかなかお越しいただくことができない遠方の皆様も含め当日は約90名の皆様にご参加いただくことができました。

今回の事業報告会ではキッズドアの現場を支えるフレッシュなメンバーの生の声をお伝えしたいと考え、4名の新卒入職社員からの発表を行い、コロナ禍での全国への物資や情報支援活動の報告、そして実際にこの春キッズドアを卒業し大学に進学した卒業生からのお話もさせていただきました。

また、キッズドアを支えてくださる皆様を代表して、世界最大手の半導体製造装置メーカーの日本法人である「アプライド マテリアルズ ジャパン株式会社(https://www.appliedmaterials.com/ja)」の中尾様、「三綱領」の理念の下、世界約90の国・地域に広がる拠点と約1700の連結事業会社と協働しながらビジネスを展開する「三菱商事株式会社(https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/)」の洞様、世界最大級のコンサルティングファームの日本法人である「PwCコンサルティング合同会社(https://www.pwc.com/jp/ja/about-us/member/consulting.html)」の沖様から、それぞれ子どもたち、そしてキッズドアへの応援メッセージをいただきました。

参加した皆様からも、
・「コロナ禍で制限が多い中、アクティブに活動されておられることがよくわかりました。色々ご苦労が多いかと思料致しますが、来年度も明るく・元気な活動報告を拝聴できることを楽しみにしております」
・「学習支援にとどまらず、今一番困っている人に寄り添い、行政にまで具体的な働きかけを行っているということに感動しました」
・「全国で展開している事業,そして携わっている皆さんのお話を聴くことができ,とても有意義でした。若い方の取組やご自身の思い・感想もとても素晴らしいと思いました。支援を受けた多くの子どもたちは,きっと成長して社会の一員として役割を立派に果たすと共に,今度は支援する側となり好循環が生まれると思いました」
・「昨年度の様々な活動やそれを行う背景、新入社員の皆さんの入社動機や卒業生の背景などを知ることができました。皆さんそれぞれに思いや使命感を抱えてキッズドアさんでお仕事、活動に参加されていることが分かり、自分も身が引き締まる思いがしました」

など、たくさんの温かいメッセージをいただきました。
キッズドアは今後も引き続き、学習支援を軸とした子どもたちのための活動を、多くの皆様とともに手を取り合いながら力強く推し進めてまいりたいと思いますので、どうぞ引き続きご協力の程、よろしくお願いいたします。