※当活動は、JKA・オートレースの補助金による補助事業です

子どもの心のケアと自習補助等で月2回隔週で訪問している戸倉小学校の放課後クラブ。今回は、アートを通じて子ども達の気持ちを解放するワークショップとともに、みんなが楽しめるマジックショーとを実施しました。(戸倉小学校 心のケアの取り組み

心のケアを目的としたアート・ワークショップは今回で3回目となりました。
放課後NPOアフタースクールに企画・コーディネートを依頼し、イラストレーターのすぎはらけいたろうさんによる切り絵のワーク、そして、東京大学奇術愛好会さんによるマジックショーを行いました。

○アートワーク

アートワークは英字新聞で切り絵を作ってそこに色を塗り、オリジナルの作品を作るというもの。

特に女の子に人気で、どんな切り絵にしようか相談しながら、カワイイ切り絵を作りたいと真剣に取り組んでいた。

○マジックショー

 

 

 

 

 

 

マジックショーは児童が集まったタイミングで複数回行い、その度に児童は釘づけになっていました。
帰りのスクールバスにもそのまま東京大学奇術愛好会の方が同乗し、バス内でもマジックを披露してくださいました。

共催:NPO法人キッズドア、放課後NPOアフタースクール

アーティスト:すぎはらけいたろう(イラストレーター)

助成:JKA・オートレース
企画:放課後NPOアフタースクール