キッズドア東北事業部では、仙台市内および近隣地域の経済的事情・家庭の事情などで有料の教育サービスを受けることが難しい中高生向けに、無料学習会を開催しています。

その中でも「タダゼミ」は中学3年生を対象とした学習会で、東日本大震災後から毎年開催しています。
今年は、6月20日(日)からスタート。高校進学に向けて3月までの期間、毎週サポートしていきます。

初回当日は、まず、大学生や社会人のボランティアから自己紹介の挨拶をしました。

受験までの1年間、どうぞよろしくお願いします!

続いて、生徒たちも自己紹介を行い、本格的に学習会がスタート。
現在26名の中3生が登録しています。
ボランティアにサポートしてもらいながら、数学と英語を勉強しました。

「教えてもらって因数分解がわかるようになった!」
「学校の悩みを聞いてもらってスッキリした!」
などなど、嬉しい声がたくさん聞こえてきました。

休む時は全力で休む!
勉強する時は全力で勉強する!
仲間と一緒に受験に向けてこれからがんばっていきましょう!

最後の1時間は、自己紹介を織り交ぜたアクティビティを行いました。

◆チーム対抗 自己紹介ゲーム

チーム内でどれだけ早く全員が自己紹介できるかを競います。
1人目が自己紹介をしたら、次の人は
「私は〇〇の隣の××です」と繋げていきます。
その隣の人は、
「私は〇〇の隣の××の隣の□□です」
と続き、最後の人は
「私は〇〇の隣の××の隣の□□の隣の・・・の隣の△△です」

「あーー、もう覚えられない!!」
みんな必死になってお友達の名前を覚えていました。

名前を覚えたらさらに難易度アップ。
名前と一緒にそれぞれの好きな色や好きなことも加えてもらいました。

◆絵伝言ゲーム

チームに分かれ、最初の人がお題を聞いて絵を描きます。その絵を見た次の人がお題を推測してまた絵を描き、その次の人に見せます。最後の人がお題を文字で答えます。

お題は「車」「黒板消し」「宮城県」の3題。
「車」は全チーム正解しましたが、「宮城県」では答えがなぜか「山形県」「岩手県」そして「ドライヤー」になったチームが!

「なんでそうなったの~?!」
とみんな爆笑でした。

約1時間のアクティビティが終わったあとは、すっかり仲良くなり、みんな楽しそうに話していました。

これから1年間、勉強だけでなくいろいろなことを一緒に学んでいけたらいいなと思っています。
生徒の皆さんは一人じゃありません。
一緒に楽しんでがんばっていきましょう!
家族や学校、そしてキッズドアのスタッフ・ボランティアも、ちょっとだけ人生の先輩として皆さんを全力で応援しています。