12月6日(日)に「ガチゼミ(高校生向け無料学習会)」の高校1、2年生10名とシティグループの社員の皆さん7名とのオンライン交流会を開催しました。

交流会は3部構成で行いました。

◆1部:バーチャル会社見学

金融とは何か、証券取引はどのように行われているのか、といった内容をわかりやすく話していただきました。

「最近の授業で習った話だったのですんなり理解することができた!」

と話す生徒もいて、学校の勉強と社会とのつながりを感じてくれたのではないかと思います。
大人にとっても大変勉強になりました。

また、シティグループの業務についても紹介していただきました。
その中で、多様性を重視し、障がいや国籍に関わらず様々な社員が世界中で働いているとのお話がありました。

生まれた場所や1つの価値観にとらわれずに働く話を聞いて、
「今後は自分が今まで学んできた知識や考え方だけでなく、他の人の意見も考えて物事を見ていきたいと思った」
という感想を書いた生徒もいました。

人それぞれとらえ方が違うこと、
様々な視点からの考えを聞くことの大切さ、
等を理解してくれたことと思います。

◆2部:職業観・中高生時代の過ごし方等

 いつどのように今の仕事(業界・職種等)を決めたか、中高生時代の失敗談や悩み、等について体験談をお聞きしました。

特に生徒達の心に残ったのは
「高校生のうちにやっておけば良かったと思うこと」
のようでした。

「心の柔らかい今の時期にこそ外に出て欲しい」
「彼氏・彼女を作ろう」
といったお話は、高校生の彼らにとって非常に身近でイメージしやすかったと思います。

終了後に、
「高校時代にしかできないことをまず頑張ってみたい」
「今、色んなことに挑戦してたくさん失敗しようと思った」
と語ってくれた生徒もいました。

◆3部:社会問題をテーマとした意見交流

最後は参加者全員が3つのグループに分かれて、意見交流を行いました。

「どうしたら若者が選挙に行くようになるだろうか?」
「どうしたら殺処分される動物の数を減らすことができるのか?」
「レジ袋有料化に賛成か反対か」

どのテーマも正解がないので、大人でも答えるのが難しく、意見が分かれる問題です。

生徒達は、自分なりに調べてきたことをもとに考えを話してくれました。

社員の皆さんは言葉に耳を傾けつつ、
「どうしてそう思うの?」
「若い人が立候補したら応援したいと思う?」
と、子どもたちの考えを深めてくださいました。

大人と子どもが一つのテーマについて話し合うというイベントは、今回が初めての試みでしたが、普段の学習会や学校の中では体験できない貴重な学びの場を作ることができたと思います。
生徒達も1つのテーマでこんなに話が広がり、様々な意見を聞くことができたことに驚いていました。
このような機会を作ってくださったシティグループの皆様、本当にありがとうございました。

今後も生徒達の学びや興味関心を広げる取り組みを続けていきたいと思います。