受験の天王山と呼ばれる夏休みも終わり、10月からはついに総合型選抜(旧:AO入試)が始まります。
今年度は大学入試制度改革や新型コロナウィルスによるスケジュールの変更などが重なり、生徒や保護者の皆さんは情報を取りまとめることに例年以上に苦労されています。

そこで、9月20日(日)に大学入試ガイダンスを開催。
ガチゼミ (高校生対象の無料学習会) に通う高1~3年生を対象に、予備校講師の中村先生に「新大学入試を知ろう!受験生が今、やるべきこと」と題して話をしていただきました。

3密を避けるためにZoomを活用し、中村先生と一部の生徒はオンラインで参加しました。

事前アンケートでは、「勉強計画の立て方」や「今やっておくべきこと」について知りたいという声が多かったので、生徒達の要望に答える形で、これまでの大学入試との変更点や気を付けるべき点、これからどのような準備が必要か、等を話していただきました。

入学手続きの〆切は受験生本人が確認不足になりがちなこと、学年末の自由登校の時期には生活リズムが崩れやすいという話など、受験で陥りがちな失敗に生徒達は熱心に耳を傾けていました。

質疑応答の時間には、「志望校の決め方」や「複数の人からアドバイスをもらった場合、誰の意見を信じればよいのか」といった質問などが出ました。中村先生は、時間の許す限り生徒からの質問に答えてくださいました。

1時間という短い時間ではありましたが、生徒達だけでなく同席していたボランティアにとっても役立つ情報がたくさんありました。

中村先生、ありがとうございました!

生徒や保護者の方々の不安が取り除けるよう、今後も引き続き情報提供に努めていきたいと思います。