キッズドアは、新型コロナウィルスの感染拡大により、仕事や収入が無くなるなど家計が急変した子育て家庭を対象に、食料支援を行っています。

7月から、モバイル向けのショートムービープラットフォーム 「TikTok(ティックトック)」様の「新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム」の助成を受け、5回に分けて計231件のご家庭に食品パックの発送を行いました。

(これまでの支援については、こちらに詳しく掲載しています )

食品パックは、いつもご支援いただいている福島県の「農業生産法人㈱二本松農園・NPO法人がんばろう福島、農業者等の会」様にご協力いただき、 お米や季節の野菜などを詰め合わせて送っていただきました。

食品パックを受け取ったご家庭から、たくさんの 喜びの声をお寄せいただきましたので、一部を紹介させていただきます。

「久しぶりに冷蔵庫の野菜室がいっぱいになりました。 見ず知らずの私達の為に支援してくださった方々に感謝致します。 届けていただいた福島県産のお野菜で子供達に栄養のあるご飯を作りたいと思います。 フルーツを買う事が今は滅多にないので、桃が入っていてとても嬉しかったです!」

「企画をしてくださった方、生産者さまの気持ち、こうしてご支援いただくことへの気持ち、詰めていただいた方 送っていただいた方皆さんの温かいお気持ちをしっかり受け取りました。 心から感謝いたします。 場所は遠く離れていますが、皆さんの笑顔が見えた気がします。心はそばにいてくださるんだ、ひとりじゃないんだ繋がっているんだと大変励まされました。 あしたへの力、希望になりました」

「お米、安いうどん、パスタなど、味付けを変え、炭水化物だけでお腹を満たしていました。荷物を開けて涙が出ました。お野菜、大切に感謝していただきます」

「真っ先に、現物支給して下さって、本当に感謝です。 ありがとうございます。 コロナに負けるなメッセージカードを大切に財布に入れて、何かある度、カードを見て励まされています」

「普段、スーパーでは値下げ品やお買い得品を中心に買い物しているため、こんな新鮮で綺麗な品物はうちでは買えません。素材が良いと料理するのも楽しく美味しくできるので、子供たちも喜んでおります」

「今は野菜が高く困っていました。子供たちにお腹いっぱいご飯を食べさせてあげられて嬉しいです。」

「高校生の食べ盛りなのに、なかなか子どもに満足な食事を用意してあげられないなか、野菜が高騰し、購入が難しく、申し訳ない気持ちで過ごしていますが、今回食料を送っていただき、ほんとに助かりました」

「丁寧に育てられた新鮮な沢山の農産物を見て、感謝の気持ちでうるっとしました。 育ち盛りの子ども達がいて、また夏休みに突入し、さらに食費が増すこの時期の食材の支援は1番ありがたく、箱を開けた瞬間の安堵感ははかり知れません。 私もいつの日か、支えてもらう側から、支える側にもなれるよう頑張っていきたいと思います。 沢山の方々の協力によるご支援、本当にありがとうございました。」

“今回の食料支援を受け、応援してくれる存在を知り、前向きな気持ちになれた”という声を多数いただきました。その一方で、現在の苦しい状況や、他では吐き出すことのできない辛い気持ちをお寄せくださった方々もたくさんいらっしゃいます。

支援を必要としているご家庭は、まだまだあります。
今後も何らかの支援を模索し、継続できればと思います。