3月1日(日)タダゼミ(中3生向け無料学習会)修了式

本来は、3月8日(日)に「タダゼミ・ガチゼミ(高校生向け無料学習会)合同修了式」を保護者にもご参加いただいて実施予定でしたが、急遽コロナウイルスの影響で中止となったことに伴い、3月1日最後の授業後に生徒・スタッフのみで簡易的に行いました。

5時間目終了後、まずは1年間の振り返りとしてアンケートを実施しました。
子ども達の感想には、

「成績が上がった」
「苦手科目ができるようになった」

といった学習面での成果だけでなく、

「新しい友達ができた」
「ボランティアさんと話すのが楽しかった」

など、キッズドアならではの経験がたくさん書かれていました。
他にも「意欲的になった」「自分の考えが広がった」という声もありました。

修了式では、最初に一人ずつ修了証書を渡しました。

事務連絡のあとは、タダゼミ1年間の軌跡を動画で上映。
授業やワークに取り組む真剣な表情。
休憩時間に友達と話している笑顔。
1年間頑張った子ども達が、さまざまなシーンに刻まれていました。

上映後は、タダゼミ担当スタッフ菊地よりエールを送りました。

6月から始まったタダゼミはこの日が42回目。
一人も脱落することなく最後まで頑張ることができました。
高校合格がゴールではありません。その先の人生の方が長いのです。

最後はボランティアへのサプライズ!
生徒代表が立ち上がって感謝の言葉を述べたあと、生徒全員がそろって「ありがとうございました」とお礼を伝えました。

コロナウイルスへの不安から当日欠席した生徒が多かったものの、この1年間の成長を感じられる式となりました。

皆さん、卒業おめでとう!

キッズドアでは、3月22日(日)まで全ての学習会やイベントはお休みになりますが、心配なことや困ったことがあれば、いつでもキッズドアに連絡してくださいね。

これからの活躍に期待しています。