2月29日(土)のE-Drive(中学生対象の無料英語学習会)では、1年間の学習成果の発表会を行い、保護者の方にも参加していただきました。

各グループで企画したゲームを、他のメンバーに英語で体験してもらいました。
もちろん、ゲーム内容は子どもたちが頑張って翻訳し、英語で説明!

◆1組目:謎解きゲーム

英語にまつわるクイズが出題されました。チーム対抗戦で、制限時間内に一つでも多く答えを導き出せたチームの勝ちです。

問題を解くのに苦戦しながらも、お互いに知恵を出し合い協力していました。

例えばこのような問題が出題されました。

問題…□に当てはまるアルファベットは何?
J、F、M、A、M、J、J、□、S、O、N、D

答え…A

なぜ答えが「A」なのか分かりますか?

これらのアルファベットは12か月の頭文字です。
□は8月=Augustなので、答えは「A」となります。

◆2組目:ジェスチャーゲーム

チームを2つに分けてお題(英語)のジェスチャーをし、残りのメンバーが答えます。

◆3組目:人狼ゲーム

村人陣営と人狼陣営の2つに分かれたプレイヤー達が、それぞれの陣営の勝利を目指して戦うゲームです。

3組とも素晴らしい発表でした。

ゲーム終了後はテーブルを囲んで交流会を行い、子どもたちに一人ずつ1年間の感想を発表してもらいました。

「学習会に通い始めの頃は英語が苦手だったが、今では得意になった」
「来年度はさらに高みを目指して頑張りたい」
「英語でコミュニケーションを取ることの大切さを学んだ」
「発表の為に準備をしてきた甲斐があった」
「E-Driveを通して英語が好きになった。学校での試験の点数が伸びた」

子どもたちの表情から、充実した発表会になったことが感じ取れました。