東北スタッフの大塚です。

普段は高校生を対象とした無料学習会「ガチゼミ」をボランティアの皆さんと共に運営しています。
今回は私が担当しているガチゼミについて、紹介したいと思います。

ガチゼミは高1~3年生で短期大学・4年生大学に進学を希望する生徒を対象に、毎週日曜日の10時~16時で開催しています。

中学生とは異なり、高校生の場合は選択している科目や希望している進路も一人一人異なります。そのため、ボランティアさん達による個別または少人数グループでの学習支援がメインです。

生徒達は進学したいとは考えていますが、県外or県内進学が良いのか、自分はどんな学部に進みたいのか、進学費用をどうやって工面すればよいのか分からない、といった悩みを抱えています。

そのため、高校3年生は毎週ガチゼミで勉強をしつつ、ボランティアや河合塾のチューターの方と進路について話し合い、時にはオープンキャンパスやキッズドアを卒業した先輩から話を聞くなどして自分の進路と向き合い、考えてきました。

中には親御さんや学校の先生に相談したいけれども、その時間を作ることが難しかったり、上手く自分の言葉で想いを伝えられなかったりする生徒もいます。

「もっと早くから将来について考えておけばよかった」

「やりたいことを見つけられない自分がダメなんじゃないか」

「もう落ちる気しかしません…」

こうした悩みや弱音を吐きながらも、生徒達は通い続けてきてくれています。

初めは高校も違う見ず知らずの他人どうしだった生徒達が、ガチゼミを通して意気投合し、キッズドア以外の日も一緒に集まって受験に向けて勉強をする仲にまでなりました。

この大変な時期にこのような繋がりを持てたことが、彼らにとってかけがえのない財産ではないのかと思います。

2月は高1~2は学年末考査、高3は国公立・私立の一般受験を控えており、ガチゼミもいよいよ大詰めの時期を迎えます。

生徒達が3月の修了式を笑顔で迎えられるよう、残りの約1カ月間、精一杯サポートに努めていきます。