東北地方で毎年、秋のイベントとして皆が楽しみにしているのが“芋煮会”です。
里芋を入れた汁を作り、バーベキューなどをしながら交流を深めます。

今回12日-13日に東日本を直撃した大型台風により一時は開催が危ぶまれましたが、無事に10月14日(祝)開催することができました。

今年は「仙台萩ライオンズクラブ様の45周年記念事業」としてご寄付をいただき、子どもたちは全員無料で参加できました。また、当日もたくさんの果物やお菓子などを差し入れしていただきました。

\仙台萩ライオンズクラブの皆さん/

\差し入れもたくさんしてくださいました!/

また、秋保リゾートホテルクレセント森林スポーツ公園様には、仙台駅からのバス送迎、入場料サービスなど、昨年に引き続き今年も大変お世話になりました。

仙台萩ライオンズクラブ様、秋保リゾートホテルクレセント森林スポーツ公園様、ありがとうございました!

今年は、キッズドアの生徒・保護者・ボランティア・スタッフの他に、ライオンズクラブの方や一般参加の方も含め、なんと約70名が参加!終始笑顔の絶えない、楽しい時間となりました。

開始時は、初対面の方も多かったので、ゲームでアイスブレイク。
8チームに分かれて自己紹介をしました。

芋煮チームは、仙台風(みそベースに豚肉)と、山形風(しょうゆベースに牛肉)の両方を調理します。
メインの里芋のほか、キノコ、ニンジン、大根、ゴボウ、白菜、ネギ、こんにゃく、とうふ、たくさんの材料を手際よく鍋に投入し、煮込んでいきます。

バーベキューチームは、焼き芋、じゃがいもをホイルに包んで、炭の中に投入!
それから、焼きそばに鮭のちゃんちゃん焼き、フランクフルト、鶏肉、豚肉、牛肉、野菜、
どんどん焼いていきます。

チームワークを発揮し、あっという間にご馳走がテーブルいっぱいに並びました。

「いただきまーす!」

「おいしい!おいしいねぇ!」
焼きたてのお肉や野菜、熱々の芋煮もみんなお腹いっぱいになるまで食べました。

途中小雨が降ってきましたが、子どもたちは外へ飛び出し、バレーボールやバトミントンや鬼ごっこをして、汗だくになってい~っぱい遊びました。

体をたくさん動かして、また小腹が空いてきたら、お肉やお野菜の出汁がしっかり染み込んだ芋煮うどん(山形風芋煮は、カレーうどんに変身♪)と、マシュマロを焼いておやつに食べました。

\チョコソースをかけるとさらにおいしい/

\お片付けも頑張りました!/

毎日勉強を頑張る受験生も、数日間悪天候で室内に缶詰になっていた生徒さんも、体をいっぱいに動かして、学年の枠を飛び越えて遊ぶ姿が見られました。
美味しいごはんを頬張るかわいい笑顔。普段の学習会で見せる顔よりもずっと晴れやかで、見ているこちらもとっても嬉しい気持ちになりました。
明日からはまた勉強もしっかり頑張って、収穫の多い実りある秋にしましょう!

豊かな自然環境で、様々な大人と接する「芋煮会」。
家庭や学校以外の体験や経験から、子どもたちが学ぶことはたくさんあります。
今回は台風の影響で一時は中止も考えましたが、無事に怪我無く開催できて本当に良かったです。
キッズドアでは、これからもこのような体験や経験の機会をつくっていきたいと思います。