6月17日(日)から、中学3年生を対象とした高校受験サポートの学習会「タダゼミ」がスタート!

 

10時からのオリエンテーション開始を前に、眠い目をこすりながら、続々と生徒さんが集まってきます。

初めての顔合わせということもあって、不安と期待が交錯するなんとも言えない緊張感が漂います。

 

キッズドアスタッフ紹介のあとは、1年間生徒さんを支えてくれる12名のボランティア講師の皆さんの自己紹介タイムへ。

今年も、大学生から社会人まで、個性豊かで、頼りがいのある先生方が勢ぞろいしました。

 

「クラスの枠を超えて、わからないことがあれば相談してくださいね!」

「一年間一緒に頑張りましょう!」

「〇〇って呼んで、名前覚えてくださいね~」

気さくで楽しい講師の皆さんの声掛けに、だんだんと生徒さんの緊張もほぐれて、笑顔も見えるように。

 

続いては、“高校入試と志望校の選び方について”のお話。

「偏差値って知っていますか?」

「評定値って何でしょう?」

菊地さんからの難しい質問にも、指名された生徒さんがバッチリ解答。これには、思わず拍手!

 

午後は、数学と社会の授業。

数学は社会人ボランティアの勉先生、そして社会は大学生ボランティアの本間先生が担当しました。

楽しく優しい先生方も、授業となれば炎のように熱い講義を展開します。

一生懸命教えますから、みんなついてきてくださいねー!

 

受験勉強は大変。自分自身との闘いでもあります。

今はつらくて大変と思うことも多いかもしれませんが、いつかきっと、あの時勉強頑張ってよかった!と思える時が必ず来ます。

生徒の皆さんは一人じゃありません。

家族や学校、そしてキッズドアのスタッフ・ボランティアの先生方も、皆さんを全力で応援しています!

 

さぁ、来週のタダゼミも一緒に頑張りましょう!!!