今日の仙台は、30℃近くまで気温が上がり、夏を思わせるような暑さでしたが、ここキッズドアの学習会もアツ~く盛り上がっていました。

【Sリビング】

今月から自習室の名称が、「自習室ネクスタ」から「Sりびんぐ」に変更となりました。

ちなみに、「Sリビング」の「S」は、仙台の“S”&セルフサポート(Self Support:自立)の“S”。「りびんぐ」は、誰もが気軽に集う場所であってほしいという意味を込め、柔らかい印象になるようにとあえて平仮名表記にしているのです。

自習室「Sりびんぐ」には、17時を過ぎると続々と生徒さんやボランティア講師の方々が集まり、19時には部屋いっぱいの人数に。

「わからないことないかな?」講師の先生が生徒さんに優しく声をかけ、時に談笑しながら、和気あいあいと勉強が進みます。

「まだ答え見ない!」時にはゲキも飛びます。「そう!すごい!よくできたね!」先生は誉めることも忘れません。一人の生徒に二人の先生がつきっきりになって指導してくれたり、休憩中の高校生が中学生に教えてくれたり、とても気持ちのいい空間がここには広がっています。

【タダゼミJr.】

タダゼミJr.は、高校進学を目指す中学2年生のための学習会。毎週金曜日19時~21時まで、英語と数学の個別指導です。大学生ボランティア講師や、社会人ボランティア講師の方々が、個々のレベルに合わせた指導をしていきます。学校の授業ではなかなか理解できないことも、優しく根気強く教えてもらえるので安心です。

今日も学習会開始30分前から事前ミーティング。19時には準備万全で生徒さんを受け入れます。ボランティア講師の皆さんがたくさん来てくださり、熱のこもった指導。生徒さんも一生懸命学んで帰っていきました。

こんな感じで、キッズドアでは、スタッフ、ボランティア講師の皆さんが、高校・大学進学を目指す生徒さんを全力で応援しています。

来月も、梅雨のジトジトにも、夏の暑さにも負けず、頑張っていきましょう!オーッ!