この3月、今年もたくさんの生徒が卒業を迎えました。

3月12日【ガチゼミ・タダゼミ】合同修了式

高3生の「ガチゼミ」と、中3生の「タダゼミ」は、受験が終わりひと段落した3月12日に『合同修了式』を開催しました。

高校生の中には、中3から4年間通ったという生徒も数名いました。
就職・進学等で県外へ引っ越してしまうのは、やっぱり寂しいですね。

中3生のほとんどは「高校生になってからもキッズドアに通いたい」と言ってくれて、本当に嬉しく思います。
新しい生活が始まると学校が遠かったり、部活が忙しかったりして、なかなか通えなくなってしまうかもしれませんが、今の気持ちを大事にして、高校生になっても頑張ってほしいと思います。
また、勉強で躓いたり、進路で悩んだときは、遠慮なく相談してほしいと思います。

当日は、会場を提供していただいている「仙台市学びの連携推進室様」にもご出席いただき、
ボランティアへの感謝状も手渡されました。

修了式の後は、壮行会を行い皆で楽しくゲームをしたりお喋りしたりして過ごしました。

3月18日【E-Drive】修了式&発表会

昨年の6月から始まった英語の学習会「English Drive」でも、今年度の修了式を開催しました。
この学習会は、毎週土曜日14:00~16:00、中学1年生から3年生まで少人数の生徒で実施しています。

3年生は受験勉強の関係で1月から不参加となりましたが、この修了式に向けて1・2年生は英語の劇の練習を重ねて来ました。

発表会”E-Drive Theater”での、お題は「Run, King, Run!~What is your name?~」です。
太宰治の小説「走れメロス」と、昨年流行した映画「君の名は」のストーリーを掛け合わせていますが、
生徒からの要望で、このストーリーは作られました。

週1回という少ない時間でしか顔を合わせられないため、
生徒たちはセリフを自宅で暗記し、この発表の日のために練習を重ねて来ました。

長セリフもあり、当日まで間に合うかな?と途中不安にもなりましたが、
大人の心配を他所に当日の本番の出来は素晴らしく、この数週間の成長には目を見張るものがありました。
英語への苦手意識、人前で演じることのプレッシャーを克服する瞬間を目の前で見ることができ、
スタッフもボランティアも、そして見に来てくれた保護者の方々も胸を熱くし感動に包まれました。

3年生の2人も修了式にかけつけてくれて、自分の夢と後輩へのメッセージを英語でスピーチしてくれました。
堂々と自分の夢を語る姿、後輩を想う気持ち、とても素晴らしかったです。

 

4月からの学習会について

3月で全ての学習会は、いったん終了し4月から再スタートします。
新中学1年生の受け入れは6月からになりますが、ご相談は随時受け付けています。

<4月スタート>
・タダゼミJr.
・E-Drive
・ガチゼミ

<6月スタート>
・タダゼミ

2017年度も、宜しくお願い致します!