こんにちは、学生スタッフの宇野です。
長らくブログの更新が滞ってしまって申し訳なかったです。

2017年も仙台のキッズドアをみんなで盛り上げていければと思います!

それでは1月14日の活動報告です。

 

1月からは通常の日曜日に加え土曜日もタダゼミが始まるので、いよいよ受験勉強も集大成という感じです。時期も時期なので、演習メインの授業が多くなってきました。国語の授業では大学生も少し戸惑うような古文の過去問を扱いました。これは解答欄が真っ白だろうなと思ってまわってみてみると、予想外に解答欄が埋められていてとても感心しました。

これから扱う内容もどんどん難しくなってくるので、意識的に生徒の「わからない」をキャッチしていければと思います。

 

少し話しはそれますが、私も加わっている社会科で最近日本地図パズルなるものを導入してみました。パズルに取り組みながら楽しく47都道府県を覚えられるというので、中学生はもちろん何故かボランティアの大学生も本気になるシロモノです(笑)

集中力が下がり今にもおしゃべりを始めそうな子でも、こういうものならば率先して取り組んでいる様子をみると、ただペンを走らせるだけが正解の勉強方法ではないのだと痛感します。

生徒みずからやろうという気持ちになってくれる勉強方法をこれからも模索していきたいものです。

  

高校生はセンター試験のためガチゼミの授業はありませんでしたが、受験生ではない生徒たちがちらほら自習にきてくれていました。

受験生にはひとまずセンターお疲れさま!!と大きな声で言いたいですね(^-^)