こんにちは、学生スタッフの宮川です。

今日はタダゼミ・ガチゼミ後に株式会社スプリックスの方による講師向けの研修会が実施され、指導の際注意すべき点や、生徒とコミュニケーションをうまくとるコツなどについてご講演いただききました。

私自身、「悪い例」に挙げられていた指導法にいくつか当てはまっており、猛省しました…。日々の指導や生徒との交流の仕方を見直す良い機会になりました。

最近、日々の勉強の成果が出始めているのではないかと感じます。この日も「テストの点数があがったよ」と報告してくれる生徒や、自分で苦手だと言っていた因数分解をすらすら解く生徒の姿を見ることができました。

生徒の頑張りが最大限結果に結びつくように、教える側も日々勉強が必要だなと感じた1日でした。