みんさんこんにちは!
学生スタッフの菅沼です。

あっという間に秋が深まってしまいましたが、高3生にとってはこれから、受験勉強、模試に、出願に、と慌ただし季節になってきました。国立大の二次試験が終わる2月末まで残り4か月ちょっととはいえ、ここからが長いといえば長いのかもしれません。

今日の古典の授業では助詞を扱いました。
授業はじめに単語テストも実施していますが、前回から新システムを導入してバーコードを読み込んで間違えた問題を何度も復習できるようになりました。生徒がうまく活用してくれると嬉しいです!
授業を進めていく中で感じたことは、「夏休みの頑張りのおかげで基礎は入ってきているけれどまだまだ知識に穴が多い」ということです。大学受験はどうしても膨大な量を覚えなければいけないために、すべてを網羅するのは難しいです。それでも問題を解いていく中で一つでも多くの穴を埋めていこう、という気持ちを持って取り組むことが大切なのではないでしょうか。

10日月曜日は祝日を利用して、事務所でセンター試験を想定した模試を行います。
ただ受ければいいのではなく、自分の知識の穴を見つけて修正していくことに繋がるような機会してほしいです!