「プレイセラピー」とは、遊びをコミュニケーションの手段として用いるケアです。震災での被災や様々な理由で大きなストレスを受け、言葉で心を表すのが難しい子どもに効果的とされています。

この講座は、「遊びを使った具体的なかかわり方」で子どもの心を上手に受け止め、ケアにつなげるための実践的な講座です。保護者・教育関係者・ボランティアなど、子どもと接する機会の多い方に、ぜひ参加をおすすめします。

※7月30日の「被災した子どもの心のケア講座《遊びを使ったケア》」は、講師の都合により、9月11日(日)に変更になりました。

内容についてはこちらも参考にしてください。
6月19日 被災した子どもの心のケア講座《遊びを使ったケア》

<概要>
◆日 時: 9月11日(日) 13時00分~15時00分

◆場 所:IFF(アイエフエフ)教育センター  (MAP)
〒106-0044 東京都港区東麻布3-7-3 東麻布久永ビル 2階
都営地下鉄大江戸線、東京メトロ南北線「麻布十番駅」6番出口徒歩 2分

◆内 容:
1. 被災した子どもによくみられる反応について
2. 子どもの気持ちの受け止め方
3. 遊びを通してのかかわり方ー具体的なロールプレイー

◆参加費
・[ガクボラ]メンバー  1,500円
・大学生  2,000円
・社会人  3,000円

◆定 員 : 40名

◆応募方法:
参加を希望する方は、こちらのフォームよりお申込ください

《「被災した子どもの心のケア講座」 お申し込みフォーム》

◆特 典:
このセミナー受講者は、キッズドアの《被災児童・生徒への遊び&学習支援等ボランティア・プログラム》に参加することができます。

【 講師 プロフィール】
佐藤信一
国際基督教大学院教育学研究科修士課程卒業。
国際子ども権利センター元事務局長。
国内外の子どもの権利に関わる活動に参加。
現在は、NPO法人東京シューレ職員。

※この講座は、日本プレイセラピー協会の研修内容にもとづいています。

◆お問い合わせ:
特定非営利活動法人キッズドア
entry@kidsdoor.net ※メールのみにて受付致します
件名を「0730メンタルケア」としてお問い合わせください。

なお、企業や団体、職場単位での講座をご希望の方は、
gakubora@kidsdoor.net まで、お問い合わせください。
ご希望に応じて、カスタマイズ致します。

◎主催:特定非営利活動法人キッズドア
〒103-0027東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル4F
http://www.kidsdoor.net
◎協力:IFF・CIAP相談室
http://www.iff.co.jp/
◎協力:fine-club.project
http://fine-club.com/project/